2005年01月07日

ネバーランド


タイトル: ネバーランド

公開日: 2005/01/15(Sat)
監督: マーク・フォースター
出演: ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/ダスティン・ホフマン/ジュリー・クリスティ/フレディ・ハイモア
公式サイト: http://www.neverland-movie.jp/

ストーリー: ロンドンの劇場で劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は新作の『リトル・メアリー』の初日を迎えていた。しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも、酷評されてしまう。失意の中で日課の散歩に出かけるジェームズ・バリはそこで無邪気に遊んでいる子供を目にする。

解説: ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。主演のジェームズ・バリにふんしたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でアカデミー賞にもノミネートされたジョニー・デップ。脇を固めるのは、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンと演技派の1流スター。監督はハル・ベリーをオスカー女優にした『チョコレイート』の監督、マーク・フォスターが務める。誰もが知っている「ピーター・パン」のメイキングとして観ても興味深い。(FLiX)

100年目につくられた、美しい宝石のような感動作。
1903年のロンドン。劇作家のジェームズ・バリは、ある日若く美しい未亡人シルヴィアとその4人の幼い息子たちに緑のまぶしいケンジントン公園で出会う。少年の心を持ったバリはすぐに子供たちと仲良くなるが、4人の中で一番繊細なピーターだけは、父の死によって心を閉ざしていた。夢を信じる心を失いかけていたピーターは、イマジネーションの翼を広げることをバリに教えられ、次第に心を開いて行く。同時にバリも創作への情熱を呼び覚まされ、“ネバーランド”に住む大人にならない少年“ピーター・パン”の物語を生み出す。だが、そんな彼らに、悲しい出来事が待ち受けていた・・・。(コロナワールド)


「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」で大出世したジョニー・デップ主演の最新作感動物語。
何だか、久々に大ヒットしそうな予感がする作品。早くもアカデミー最有力候補か?
「ピーター・パン」という作品が、どのようにしてできたのか。
そこには、美しい愛と感動の物語が待っているに違いない。
ジョニー・デップ扮するジェームズの役回りも注目だが、子役ピーターを演じるフレディ・ハイモアの存在も、この映画の重要な鍵を握っていることから、注目せざる得ないところ。
と、日本公開前から期待大です。
久しぶりに映画館で見たくなるような映画になりそうで怖い。

期待値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAXI NY


タイトル: TAXI NY

公開日: 2005/01/08(Sat)
監督: ティム・ストーリー
出演: クイーン・ラティファ/ジミー・ファロン/ジゼル・ブンチェン
公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/taxi-ny/

ストーリー: タクシー運転手のベル(クイーン・ラティファ)が、自慢の改造車でマンハッタンを流していると、NY市警のウォッシュバーン(ジミー・ファロン)を乗り込んできて、街で頻発する銀行強盗団の追跡に巻き込まれてしまう。

解説: リュック・ベッソンの大ヒット作『タクシー』の舞台をニューヨークに移し、ハリウッド版として完全リメイク。主演は『シカゴ』のクイーン・ラティファ。強盗団のリーダーには、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが扮し、本格的映画デビューを果している。疾走するクラウン・ビクトリアはオリジナル版同様、迫力満点。(FLiX)

美しき女たちの危険なスピードバトル!
スーパー・モデルばりの眩し過ぎる美貌、見惚れるばかりのスタイル、極限のゴージャスさを見せつける超セクシー女銀行強盗団がニューヨークに上陸。彼女たちは無敵のBMWを疾走させ、次々と悪事を働き、ニューヨーク市警の調査をせせら笑い、ついに大銀行を襲う計画を実行に移す。ひょんな事から事件に巻き込まれた女タクシードライバーと刑事のコンビが、交通法規を無視した過激な走りで、強盗団とエキサイティングで危険極まりないチェイスを展開する。(コロナワールド)


出演者、撮影舞台はニューヨークと、TAXiシリーズとはまったく違ったTAXI NY。
主演が男性から女性へと変わったものの、へなちょこ刑事は健在。やはり、この設定は変えてはならないのだろう(笑)
セクシーでクールなノンストップカーアクションと題した今回の作品には、自信たっぷりの様子。フランスTAXiシリーズのプレッシャーはかなりのものだと思うが、BMVをぶんぶん乗りこなすアクションにも期待が高まります。
ニューヨークの街をどのように暴れ回り、事件解決をするのか楽しみな作品です。

期待値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAXi 2



タイトル: TAXi 2

スピード狂のタクシー運転手のダニエルと運転が苦手な刑事のふたりが、日本の防衛副長官の誘拐事件を追う。日本のヤクザvsフランスの刑事たちのバトルもユニークでおもしろく「ニンジャー!」と叫ぶと走り出す珍スピードカーも爆笑モノだ。もちろん乗せた人を酔わせるダニエルのドライヴテクもたっぷりと。
マルセイユ〜パリをぶっ飛ばす痛快さ&カーマニア垂涎の車が続々登場するカーチェイスはあいかわらずスピード感あって、爽快な気分にさせてくれる。メインキャストは前作と変わらずサミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタルなど。製作&脚本のリュック・ベッソンの遊び心満載のフレンチアクションコメディだ。(Amazon:斎藤 香氏)


大ヒットコメディーアクションの続編、TAXi2。
最初から最後まで笑わせてくれる作品です。
前作を見てない方にも十分楽しめるでしょう。
運転中のスピード感、300kmオーバーのスリルが味わえる爽快感、車がおもちゃのように潰れていく。
出演者全員の個性が光っていて、より面白みが味わえると思う。
元気が欲しい、私生活がつまらないあなたにもおすすめの一本。
日本人の長官も出てきてより親しみやすくなった感じも受ける。
ただ、最後の終わり方にはちょっと不満なところもある。
最新作のTAXi NYは、舞台をニューヨークに移してのリバイバル版。
こちらも前作を上回る作品となることに期待大である。

評価値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。