2005年03月18日

オペラ座の怪人

opera.jpg
タイトル: オペラ座の怪人

公開日: 2005/01/29(Sat)
監督: ジョエル・シュマッカー
出演: ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン
公式サイト: http://www.opera-movie.jp/
ブログ内記事: オペラ座の怪人@気になる映画

本日「3/17(木)」に遅ればせながらレイトショーで見てきました。
今年に入って映画館で見るのは初めてだったので、かなり楽しみでした。
オペラ座の怪人を見るか、ボーン・スプレマシーを見るか迷いましたが。
どちらもまもなく上映終了なんですよね。キィー…(笑)

この映画、ミュージカル映画だと思っていたのですが、ちょっとミュージカルとは違うものでした。ほとんどの台詞を音楽に合わせて歌い、ストーリーが進んでいく、まさに舞台を見ているかのように思えます。
序盤から、あの音楽が鳴り響き過去へタイムスリップしていく演出には鳥肌ものです。
実を言うと、あの「チャーン!チャチャチャチャチャーン!」ってオペラ座の怪人の音楽を聞いただけで何故か鳥肌が…(はて…?)。
次に鳥肌が立ったシーンが、マスカレードの途中の音楽でした(笑)
と言うか、「あそこで捕まえられたじゃん…!」と一人突っ込みしてましたけど。
そして最後に鳥肌が立ったシーンは、ドン・ファンの途中であの豪華なシャンデリアが落ちてくる場面でした。心の中で「落ちる落ちる…」と連呼しておりました。
スクリーンで見ただけに、すごい迫力でした。
また、主演した俳優・女優たちの歌唱力、オーケストラの演奏も存分に味わうことができました。
ストーリーを簡単に言うと、昔、「悪魔の落とし子」と罵られた自己中のファントム(怪人)が、クリスティーヌ(ダーエ)の美声に一目惚れしてしまい、いろいろな障害から逆ギレするという物語です(笑)

評価値:★★★★☆

→完全ネタばれを読む
posted by toda at 03:05| Comment(0) | TrackBack(15) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。