2005年01月04日

ビューティフル・マインド



タイトル: ビューティフル・マインド

プリンストン大学の数学科に在籍している数学の天才ナッシュは、念願のマサチューセッツ大の研究所で働くことに。ところが彼のもとに諜報員バーチャーがやってきて、雑誌に隠されたソ連の暗号解読を依頼する。彼は承諾するが、そのことがやがて、彼の精神を侵していくことに…。
実在の数学者の伝記をもとにロン・ハワード監督が映画化。数学者の半生をつづりつつ、エンタテイメント性にもすぐれた点が素晴らしい。特に諜報員に命までおびやかされるナッシュの苦悩の真実が明かされるスリリングな後半は見事だ。
ラッセル・クロウがナイーブなハートをもったナッシュを熱演。またジェニファー・コネリーは本作でアイドル女優から演技派に。彼女は本作でアカデミー助演女優賞を受賞。ロン・ハワードは監督賞、ほか作品賞などを4冠に輝いた。(Amazon:斎藤 香氏)


何だかラッセル、ハリウッドばっかりな感じになってますが…そこら辺はご了承を。
天才数学者であるナッシュの半生を描いたハートフルストーリー。
妻の前向きな支え、家族の大切さを教えてくれる作品だと思います。
クライマックスも心に染み入る感動を与えてくれることでしょう。
精神分裂症(総合失調症)ながらも、懸命に生きているナッシュの姿に、励まされるばかりです。
命の重さを軽く見ている人に見てもらいたい映画です。きっと、考え方を変えてくれることでしょう。

評価値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2392713

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。