2005年02月04日

マスク・オブ・ゾロ



タイトル: マスク・オブ・ゾロ

1821年メキシコ領のカリフォルニアで、黒マスクの英雄ゾロは、圧政に苦しむ民衆を守るために大活躍をしていた。悪徳総督のラファエルはゾロことディエゴの邸宅を襲い妻を殺し娘を奪い、ディエゴを牢獄に入れて逃亡した。20年後、牢から出たディエゴはアレハンドロという若者を見出し、第二のゾロに育てる訓練を始める。
一代目ゾロのアンソニー・ホプキンスは風格ある存在感を漂わせ、二代目ゾロのアントニオ・バンデラスは荒馬がサラブレッドに変身するように、徐々に英雄らしく変身していく。2人のゾロの対比がおもしろい。
また、バンデラス自身が行ったという剣さばきは必見。力強く華麗でフェンシングの妙技を堪能させてくれる。趣向をこらした決闘シーンに、馬の追跡シーンなど、次々に見せ場の連続で目が離せない。ワクワクと胸躍る冒険活劇である。(Amazon:星乃つづり氏)


かなーり久しぶりの更新です。
ぼちぼち更新できそうになってきました。
と言っても誰も待ってないですよね(;_;)
では久しぶりのレビューです。

こういう正義は必ず最後に勝つ!みたいな映画好きです。
弱いものの味方になって悪者と戦う姿はまさに目を奪われるものがありました。
アクションシーン満載で目をそらさずにはいられませんでした。
内容も、次々とテンポよく展開していって飽きさせない作品だったと思います。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズも美人さんでちょっと危ない!?シーンも魅力的でした!
元気がない時や機嫌が悪い時などに見ると気持ちがスカッとしそうな映画でした。
ラストも見ごたえがあってなかなか良かったです。

評価値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2393606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。