2005年02月06日

シュリ



タイトル: シュリ

北朝鮮の特殊工作部隊と韓国の情報機関の戦いを描いた、大ヒットスパイアクション大作である。
ミステリー、アクションなどさまざまな要素を効果的に使い、南北分断という民族的悲劇を、韓国の情報機関員(ハン・ソッキュ)と、北朝鮮の敏腕女性スナイパー(キム・ユンジン)との悲恋物語という、誰にでも理解しやすく親しみやすいエピソードを通じて描いている。タイトルは、朝鮮半島にだけ生息する淡水魚の名前である。映画のなかでも「ある部分」で使われており、心ニクイ演出だ。
韓国では、シュリを観なければ仲間はずれになる、というほどの人気だったそうだ。冒頭シーンでは圧倒されて、なんともいえない淡いキスシーンにちょっぴりせつなくなる。付き合いはじめのカップルには最適の作品だ。(Amazon:ますだなおこ氏)


日曜洋画劇場です。
南北の問題を取り上げた切ない恋物語でした。
銃乱発シーンがすごく多くてよかったのですが、個人的にカメラワークがちょっと良くなかった気がします…(^^;
恋人がスパイだとしても、顔色一つ変えない演技でしたが、本当に愛してたのかな〜?と疑いたくも…。
もうちょっと二人のシーンがあっても良かったと思います。
ラストの追い込まれたシーンももう少し感動させられる演出があるでしょう〜!なんて…。
でも最後の最後で恋人の留守電は彼女の優しさだったと思うと涙腺が緩くなりました。
恋人より祖国を取ったスパイである彼女は立派だと思います。
ん〜…南北問題って難しい…。

評価値:★★★☆☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。