2005年02月13日

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔



タイトル: ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディション

すべてのファンタジーの原点と言われる小説『指輪物語』の映画化3部作のパート2。ホビット族のフロドが、世界を支配する力を持つという指輪を葬りに行く旅を軸に、前作のラストで別れ別れになった「旅の仲間」たちの過酷な運命が描かれていく。
フロドとサム、ピピンとメリー、アラゴルンたちという3つのドラマが代わるがわる登場し、緩みのない展開で飽きさせない。前作からさらに進化したCGは、かつての指輪の持ち主ゴラムの表情や動きを生々しく再現。また、後半の「ヘルム峡谷の戦い」では1万もの大軍がCGで映像化されながらも、迫力と様式美にあふれたシーンが完成した。このパート2で、もっとも見せ場をさらうキャラは、フロドの親友で、僕(しもべ)のように彼を助けるサムだろう。クライマックスでのサムの台詞には、勇気ある物語が語り継がれることの大切さが込められ、まるで原作をはじめ、すべての小説に賞賛を送っているかのよう。「勇気と友情」というテーマに、素直に感動できるのだ。(Amazon:斉藤博昭氏)


─関連サイト。
ロード・オブ・ザ・リング公式サイト
ロード・オブ・ザ・リングのすべて
Woody End ファンサイト
LotR Spoiler News 海外からのネタばれ情報等

正直睡眠時間が足りてないのでものすごい長く感じました。
話の展開的には大きな変化はなく、何とかの山へ行く途中のお話だったような。
ガンダルフは…勝手に死んだものと思っていたので拍子抜けでした。
前半はマッタリしていたんですが、後半のヘルム峡谷の戦いが印象的でした。
すごい迫力で面白かったです。
大木が喋りながら動いたり、ゴラムは実はいい奴だと思わされたけど最後に「あれ?」やっぱりそうなの?と思わせられたり。
第3部作は今から見ます。寝ちゃいそう…(^^;

評価値:★★★☆☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。