2005年02月19日

ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-

hideandseek.jpg
タイトル: ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-

公開日: 2005/4月
監督: ジョン・ポルソン
出演: ロバート・デ・ニーロ/ダコタ・ファニング/ファムケ・ヤンセン/他
公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/

ストーリー: ハリウッドを代表する名優、ロバート・デ・ニーロと、天才子役の名をほしいままにするダコタ・ファニングの夢の共演がついに実現。 母親の悲劇的な死をきっかけに、心に深い傷を抱えた少女、エイミー。彼女の父であり心理学者のデビッドは、母との思い出から娘を遠ざけるため、郊外の小さな町に生活を移す。そこでエイミーは“チャーリー”という名の彼女にしか『見えない友達』と交流を始めるが、その後、この親子の周りでは、おぞましい出来事が次々と起こっていく……。

チャーリー?なんと!ジョニー・デップが友達だと言い張るダコタ・ファニング(違う)
もういいかい?ってすっごい怖い雰囲気で問いかけるダコタ・ファニングの声がよりいっそう怖さを演出しています。
よく知らないが、というか全く知らないんですが、ダコタ・ファニングって名子役らしいですねぇ。予告編を見ると、存在が怖い感じ。見えないものが見えてる顔をしてる。
怖いのはあまり好きじゃないんですが、好奇心で見たくなってしまいます。
また、全米にて公開初日を迎え、初登場で週末興行成績1位を記録したらしく、ストーリーと驚愕の結末が全米では話題騒然となっていることから、期待が高まります!

期待値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。