2005年02月19日

フォレスト・ガンプ 一期一会



タイトル: フォレスト・ガンプ 一期一会 ― スペシャル・コレクターズ・エディション

製作: ウェンディ・ファイナーマン/スティーヴ・ティッシュ/スティーヴ・スターキー
監督: ロバート・ゼメキス
原作: ウィンストン・グルーム
脚本: エリック・ロス
撮影: ドン・バージェス
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: トム・ハンクス/サリー・フィールド/ロビン・ライト/ゲイリー・シーニーズ/ミケルティ・ウィリアムソン/マイケル・ハンフリーズ/ハンナ・ホール

IQが人並みほどもないにもかかわらず、母親の献身的な愛情と、そして運命がもたらす不可思議な力によって、時代の英雄として歴史をかけめぐっていく青年フォレスト・ガンプの生きざまを描いた、ロバート・ゼメキス監督による大河ヒューマン映画の傑作。戦後アメリカの風俗映画としてとらえても秀逸で、1950年代から80年代にかけてのヒットナンバーに彩られながら、アメリカがその期間に体験したさまざまな事柄が、たとえばガンプが本物のケネディ大統領と握手するなど、巧みな視覚効果によって描かれていく。
1994年度(第67回)のアカデミー賞では作品、監督、主演男優、脚色、視覚効果、編集の6部門を受賞。これが2度目のオスカーとなった主演トム・ハンクスによる『ビッグ』さながらの大人子ども的演技も絶妙だが、母親役サリー・フィールドの名演も忘れがたい余韻を残してくれる。この母あればこそ、ガンプのさまざまな奇跡も可能となり、いつしか運命も彼に味方するようになったのだ。(Amazon:的田也寸志氏)


知能が低い主人公フォレストの素直で直向な生き方には感動せずにはいられません。
映画のあちこちで、実在したことが取り上げられてあるのも面白いです。
また、思わぬ人の登場や、おぉ…ハーレイ君が…!なんて意外な人物が登場していたのですね。
小学生の時にみたきりで、その時はただボーッと見ていたことしか記憶になかったんですけどね(^^;
最後のジェニーのお墓の前で、子供の話をするフォレストには、純粋な愛を感じさせられ感動しました。
人生を一生懸命生きることや出会いを大事にすることの大切さを教えてくれる映画だと思います。

評価値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2406302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。