2005年02月23日

シザーハンズ



タイトル: シザーハンズ 特別編

監督: ティム・バートン
出演: ジョニー・デップ/ウィノナ・ライダー

エドワードは人造人間。だが、完成直前に博士が急死し、両手がハサミのままこの世に残された。心やさしい化粧品セールスウーマン、ペグに引き取られたエドワードは、ペグの娘キムに恋してしまう…。
鬼才ティム・バートン監督の描くラブファンタジー。純真無垢な心をもつエドワードはキムに恋をするが、哀しいかなハサミの手をした彼は、永遠に彼女を抱くことができない。そんなおかしく哀しく美しいラブストーリーを、詩的で夢幻的なタッチで描いた傑作。主演はジョニー・デップとウィノナ・ライダー。(Amazon:アルジオン北村氏)


最初のお城の植木のシーン、ジョニー・デップのハサミのシーン、あれ…なんか昔に見たことがあるのは気のせい?いや、やっぱりこれみたことある!いつどこでだかはわからないけど見たことある!って見た瞬間に思いました。すごく懐かしい感じで見れました。所々の記憶しかありませんが(笑
人造人間のエドワード役のジョニー・デップがあまり感情を表に出さないながら、素朴に演じているのがとても印象に残りました。あのたまにほくそえむところが可愛いくてよかったです。また、キムとの関係、近所の人たちの関係にも切ない気持ちでいっぱい…心で心配していても、体(ハサミ)が相手を傷つけてしまう…。結果、周りの人たちからは毛嫌いされるように…。キムの「愛してるわ」の台詞には感動しちゃいました…ってネタバレしちゃいました!(^^;
とにかく幻想的(ティム・バートン監督の世界が)で、笑って悲しくて切ない童話のような映画でした。

評価値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2406339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。