2005年03月05日

映画「電車男」に山田孝之…6月上旬公開

俳優、山田孝之(21)=写真=が、6月上旬公開の映画「電車男」(村上正典監督)で映画初主演することが4日、分かった。

同作は、彼女いない歴22年のオタク青年が、ネット掲示板「2ちゃんねる」の投稿者のアドバイスを受けながら、恋を成就させようとする実話をもとにした純愛物語。昨年ネット上で大きな反響を呼び、同10月に発売された書籍版(新潮社)は、50万部を超えるベストセラーに。

配給元の東宝では、「オタク系から格好いい青年に変化していく演技力と、純粋なイメージを併せ持つ俳優」として、TBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」など最近の純愛ドラマで活躍する山田を抜擢。原作で女優の中谷美紀(29)似と言われてきたヒロイン「エルメス」役には、中谷本人を起用し、原作ファンにはうれしいキャスティングとなった。

ボサボサ頭に眼鏡、だらしない服装のオタク青年を演じる山田は「久しぶりの映画なので楽しみ。僕自身、アキバ系ではないけどオタクなトコも持ってますから(笑)」と気合十分だ。今月下旬にクランクイン。


http://www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005030506.html(サンケイスポーツ)

何となくそんな気はしてました。
でも結局イケメン…ですね…。
そんなことより(←?)午後、数年ぶりに歯医者に行かなきゃならなくなってしまった(;_;)
行きたくないけど行かないと治らないし…憂鬱です。
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

オーランド・ブルーム4月12日来日

今年はオーリー様ブーム?
英国出身のイケメン俳優オーランド・ブルーム(28)が4月12日に来日することが2日、分かった。初主演映画で、製作費1億ドル(約105億円)超えの大作「キングダム・オブ・ヘブン」(リドリー・スコット監督、5月14日公開)のPRが目的。配給の20世紀フォックスは、来日会見とジャパンプレミアに参加でき、さらに都内の超一流ホテルでのディナーと宿泊をセットにしたプランに、3組6人を無料招待するキャンペーンを実施する。http://www.foxjapan.com/で10日から告知開始。

ブルームは02年「ロード・オブ・ザ・リング」のPR以来、3年ぶりの来日。「キングダム−」は12世紀のフランスとエルサレムを舞台に、200年を超える歴史上で最も長い戦いの中、愛と名誉をかけて平和を求めた1人の騎士(ブルーム)の成長を描く。ブルームは「ロード−」3部作で、弓の名手レゴラス役に抜てきされ、その美形ぶりから一気にブレークした。その後も「パイレーツ・オブ・カリビアン」など大作ばかりに続々出演。出演作を大ヒットさせる“幸運の王子様”と認められる存在になった。日本でもブレークの可能性大だ。(日刊スポーツ)

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050303-0005.html

ファン必見ですね!都内の超一流ホテルって、帝国ホテルだろうな〜と(笑
レオナルド・ディカプリオの来日がキャンセルされたため、嬉しいニュースですよね。
それにしてもあんな美形に生まれたらどれだけ人生が楽しくなるのやら…
日本人で言うと〜…妻夫木聡あたりが和製オーリーになるんでしょうか…?
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

第77回アカデミー賞受賞作品・人物決定!

【主要6部門】
作品賞: ミリオンダラー・ベイビー
監督賞: クリント・イーストウッド 『ミリオンダラー・ベイビー』
主演男優賞: ジェイミー・フォックス 『Ray/レイ』
助演男優賞: モーガン・フリーマン 『ミリオンダラー・ベイビー』
主演女優賞: ヒラリー・スワンク 『ミリオンダラー・ベイビー』
助演女優賞: ケイト・ブランシェット 『アビエイター』

【その他各部門】
作曲賞: 『ネバーランド』
編集賞: 『アビエイター』
撮影賞: 『アビエイター』
美術賞: 『アビエイター』
脚色賞: 『サイドウェイ』
録音賞: 『Ray/レイ』
脚本賞: 『エターナル・サンシャイン』
長編アニメーション賞: 『Mr.インクレディブル』
メイクアップ賞: 『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』
衣装デザイン賞: 『アビエイター』
長編ドキュメンタリー賞: 『ボーン・イントゥ・ブラザルズ』(原題)
短編アニメーション賞: 『ライアン』(原題)
実写ドキュメンタリー賞: 『ワスプ』(原題)
視覚効果賞: 『スパイダーマン2』
音響編集賞: 『Mr.インクレディブル』
ドキュメンタリー賞: 『マイティ・タイムズ・ザ・チルドレンズ・マーチ』(原題)
歌曲賞: 『モーターサイクル・ダイアリーズ』
外国語映画賞: 『海を飛ぶ夢』(スペイン)

第77回アカデミー賞の授賞式が27日(日本時間28日)、ロサンゼルス・ハリウッドのコダック・シアターで行われた。作品賞、監督賞の主要部門を制したのはクリント・イーストウッド監督、ヒラリー・スワンク主演の『ミリオンダラー・ベイビー』。同作品はほかに主演女優賞でヒラリー・スワンク、助演男優賞でモーガン・フリーマンと4冠を制した。

注目されていた『アビエイター』は編集賞、撮影賞をはじめ技術的な賞を中心に5冠で最多だが、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞を逃したのをはじめ、主要部門では助演女優賞でケイト・ブランシェットが受賞するにとどまった。主演男優賞は『Ray/レイ』のジェイミー・フォックスが受賞した。(FLiX)


うーむ(笑
ノミネート作品見てないので言える立場ではないんですが、ミリオンダラー・ベイビーが主要6部門中4部門も受賞するとは思わなかったです。
何というかミリオンダラー・ベイビー祭りですね(笑
ネバーランドも作曲賞だけですしぃ…残念。

【追記】
アカデミー賞での写真・動画はhttp://www.oscar.com/へ♪
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

オンライン・ムービー・アワード 2004

allcinema ONLINE、eiga.com、Excite、TSUTAYA onlineの4サイト共同主催によるオンライン・ムービー・アワード。
2004年のベスト10作品が決定!

1位「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 興収:103.2億円 2350pt

2位「ハウルの動く城」 興収見込:200億円(続映中) 789pt

3位「スパイダーマン2」 興収:67億円 731pt

4位「ラブ・アクチュアリー」 興収:15.5億円 532pt

5位「ビッグ・フィッシュ」 興収:8億円 495pt

6位「スウィングガールズ」 興収:21.5億円 474pt

7位「世界の中心で、愛をさけぶ」 興収:85億円 469pt

8位「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 興収:135億円 463pt

9位「いま、会いにゆきます」 興収:48億円 427pt

10位「Mr.インクレディブル」 興収:52億円(続映中) 424pt

次点「ターミナル」 興収:45億円(続映中) 408pt


【総評】
今年のオンライン・ムービー・アワードを制したのは、壮大なる3部作の最終章「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」。昨年、アカデミー賞を席巻したのも記憶に新しい同作が、2位以下に大差をつけて栄冠を手にした。そして、2位の「ハウルの動く城」、3位の「スパイダーマン2」と、興行的にも大成功した作品が上位を占めた格好だ。

一方、4位以下には、「ラブ・アクチュアリー」「ビッグ・フィッシュ」「スウィングガールズ」と、規模こそ大きくないが良質の作品が多くランクインしているのが目立つ。また、宮崎アニメは別格としても、邦画4作品がランクインしているのも今年の特徴。ちなみに、これらすべては東宝配給作品である。なお、単館・ミニチェーン作品では、カンヌで柳楽君に主演男優賞をもたらした「誰も知らない」がトップ。続いてCMディレクター中島哲也の映画デビュー作「下妻物語」が続き、ここでも邦画の躍進が目立った。


ロード・オブ・ザ・リング王の帰還が予想通りのダントツでした!
私も投票しましたし。
意外にも邦画のランクインが目立ちました。
日曜日まで映画見る時間がない…(_ _;)…パタリ
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

ロード・オブ・ザ・リング情報

load_index.jpg

DVD「ロード・オブ・ザ・リング」のスペシャル・エクステンデッド・エディションには、隠しオマケがあるらしいですよ!
前から知ってたよ〜って方いるんでしょうか?

TBして頂いた「It's Wonderful Life」様に情報が載ってます!

早速、見て確かめてみました。
第1部、2部のDISK1にはありました!
王の帰還は残念ながら新作だったのですでに返却済みで確認できません。
DVD持ってる方で、確認できた方は是非とも教えて頂きたいです(x_x;)
恐らくあるでしょうが(笑
面白かったですよ(笑

また、東劇で「ロード・オブ・ザ・リング」スペシャル・エクステンデッド・エディション3部作一挙上映があるみたいです!

詳しくは「こちら」に載っております。
1日に3部作全部ではないので安心ですね(笑

私はもう1日に全部見ようとは思いませんけど(笑

load_index.jpg
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

「電車男」映画版は東宝が!今年の6月に公開予定



著者: 中野 独人
タイトル: 電車男

東宝作品ラインナップ

昨年、日本最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」で話題沸騰となったアキバ系青年の純愛物語「電車男」の映画化が決定した。邦画最大手の東宝が製作と配給を担当する。4月にクランクイン、6月に公開予定である。

昨年10月に新潮社より発売された書籍は、現在までに52万5000部を販売、コミック化も実現し、後は映画化を待つばかりとなっていた。映画化にあたっては、TVドラマ「ラストクリスマス」「東京湾景」などを演出した村上正典が初メガホンをとることが決定している。主役の電車男と、彼が思いを寄せるエルメス役のキャスティングは現在調整中とのこと。

東宝宣伝部では、“「電車男」と「エルメス」の恋愛模様を軸に、「名無しさん」の横顔を実在登場させて、臨場感を演出する”としているが、果たしてどんな演出が施されるのか、興味津々だ。(eiga.com)


2ちゃんねるから生まれた電車男ですが、映画化…はどうなんでしょうねぇ。。
4月にクランクインで6月公開予定って…
話題性は大きいと思うけど、演出とかどうなるんでしょうかね。
キャスティングもどうなんでしょうか。
うーん。
2ちゃんねるの言葉とか使うんですかね〜?普通の人はわからなくて理解に苦しみそうですけど。

電車男自体をご存じない方へ
男達が後ろから撃たれるスレ(電車男)
↑に保管されているので時間があれば読んでみるといいかもです。
ちなみに名前の部分が青いのが電車男さんの投稿です。
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。