2005年02月19日

フォレスト・ガンプ 一期一会



タイトル: フォレスト・ガンプ 一期一会 ― スペシャル・コレクターズ・エディション

製作: ウェンディ・ファイナーマン/スティーヴ・ティッシュ/スティーヴ・スターキー
監督: ロバート・ゼメキス
原作: ウィンストン・グルーム
脚本: エリック・ロス
撮影: ドン・バージェス
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: トム・ハンクス/サリー・フィールド/ロビン・ライト/ゲイリー・シーニーズ/ミケルティ・ウィリアムソン/マイケル・ハンフリーズ/ハンナ・ホール

IQが人並みほどもないにもかかわらず、母親の献身的な愛情と、そして運命がもたらす不可思議な力によって、時代の英雄として歴史をかけめぐっていく青年フォレスト・ガンプの生きざまを描いた、ロバート・ゼメキス監督による大河ヒューマン映画の傑作。戦後アメリカの風俗映画としてとらえても秀逸で、1950年代から80年代にかけてのヒットナンバーに彩られながら、アメリカがその期間に体験したさまざまな事柄が、たとえばガンプが本物のケネディ大統領と握手するなど、巧みな視覚効果によって描かれていく。
1994年度(第67回)のアカデミー賞では作品、監督、主演男優、脚色、視覚効果、編集の6部門を受賞。これが2度目のオスカーとなった主演トム・ハンクスによる『ビッグ』さながらの大人子ども的演技も絶妙だが、母親役サリー・フィールドの名演も忘れがたい余韻を残してくれる。この母あればこそ、ガンプのさまざまな奇跡も可能となり、いつしか運命も彼に味方するようになったのだ。(Amazon:的田也寸志氏)


知能が低い主人公フォレストの素直で直向な生き方には感動せずにはいられません。
映画のあちこちで、実在したことが取り上げられてあるのも面白いです。
また、思わぬ人の登場や、おぉ…ハーレイ君が…!なんて意外な人物が登場していたのですね。
小学生の時にみたきりで、その時はただボーッと見ていたことしか記憶になかったんですけどね(^^;
最後のジェニーのお墓の前で、子供の話をするフォレストには、純粋な愛を感じさせられ感動しました。
人生を一生懸命生きることや出会いを大事にすることの大切さを教えてくれる映画だと思います。

評価値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-

hideandseek.jpg
タイトル: ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-

公開日: 2005/4月
監督: ジョン・ポルソン
出演: ロバート・デ・ニーロ/ダコタ・ファニング/ファムケ・ヤンセン/他
公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/

ストーリー: ハリウッドを代表する名優、ロバート・デ・ニーロと、天才子役の名をほしいままにするダコタ・ファニングの夢の共演がついに実現。 母親の悲劇的な死をきっかけに、心に深い傷を抱えた少女、エイミー。彼女の父であり心理学者のデビッドは、母との思い出から娘を遠ざけるため、郊外の小さな町に生活を移す。そこでエイミーは“チャーリー”という名の彼女にしか『見えない友達』と交流を始めるが、その後、この親子の周りでは、おぞましい出来事が次々と起こっていく……。

チャーリー?なんと!ジョニー・デップが友達だと言い張るダコタ・ファニング(違う)
もういいかい?ってすっごい怖い雰囲気で問いかけるダコタ・ファニングの声がよりいっそう怖さを演出しています。
よく知らないが、というか全く知らないんですが、ダコタ・ファニングって名子役らしいですねぇ。予告編を見ると、存在が怖い感じ。見えないものが見えてる顔をしてる。
怖いのはあまり好きじゃないんですが、好奇心で見たくなってしまいます。
また、全米にて公開初日を迎え、初登場で週末興行成績1位を記録したらしく、ストーリーと驚愕の結末が全米では話題騒然となっていることから、期待が高まります!

期待値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち



タイトル: パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション

製作総指揮: マイク・ステンソン/チャド・オーメン/ブルース・ヘンドリックス/ポール・ディーソン
製作: ジェリー・ブラッカイマー
監督: ゴア・ヴァービンスキー
共同脚本・ストーリー: テッド・エリオット/テリー・ロッシオ
ストーリー: スチュワート・ビーティー/ジェイ・ウォルパート
プロダクションデザイン: ブライアン・モリス
音楽: ボブ・バダミ
出演: ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ

18世紀のカリブ海を舞台に、海賊たちの呪いを解く黄金のメダルの「最後の1枚」をめぐる、アクション・アドベンチャー。港町ポート・ロイヤルの総督の娘エリザベスが、その1枚を持っていたことから、海賊の一団にさらわれ、彼女を愛する青年と、一匹狼の海賊が救出へ向かうという物語だ。
ポイントに見せ場を配し、娯楽作に徹した作りで最後まで飽きさせないのは、さすがにジェリー・ブラッカイマー製作。ゴア・ヴァービンスキー監督は、カット割りやカメラ・アングル、音楽の付け方などアクションの見せ方がうまく、なかでも満月の夜、海賊たちががい骨となって現れるシーンの恐怖は、リアルなVFXが効果を上げている。
この種の映画では、俳優たちの演技は二の次になるのだが、本作はオスカー俳優のジェフリー・ラッシュ、『ロード・オブ・ザ・リング』のレゴラス役、オーランド・ブルームらが嬉々として演じている。そして、ジョニー・デップの存在感! 台詞回しや道化的な動きで笑わせる彼が、ラストに見せる凛々しい表情は文句なしにカッコいい。彼ら欧米の俳優にとって、海賊は憧れの役だというのが、ヒシヒシと伝わってくる。(Amazon:斉藤博昭氏)


子供向けの映画の印象が大きかったです。ディズニーのカリブの海賊なシーンもたくさん。
ジョニー・デップの演技力はすごかったですね。笑っちゃいました。
オーランド・ブルームは剣より弓の方があってる気がするのは私だけじゃないはず…!
戦闘シーンが多い所為か、ちょっとしつこく感じてしまいました(x_x;)
内容的には普通でした。でも、娯楽映画として楽しめたので良かったです。
あと、ジョニー・デップがパンダに見えて仕方がなくて、そのことばかりで頭がいっぱいでした(笑

評価値:★★★☆☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

コンスタンティン

cons.jpg cons2.jpg
タイトル: コンスタンティン

米公開日: 2005/2/18
日公開日: 2005/GW
監督: フランシス・ローレンス
出演: キアヌ・リーブス/レイチェル・ワイズ/他
公式サイト: http://constantine.warnerbros.jp/

ストーリー: DCコミックス/ヴァーティゴの「ヘルブレイザー」に基づいてケビン・ブロドビンとフランク・カペロが脚本を書いた『コンスタンティン』の主人公は地獄に実際に行き、戻ってきた男ジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。彼は、双子のかたわれを自殺で失い、その真相を探っている、警官アンジェラ・ドッドソン(レイチェル・ワイズ)と手を組む。調査が進むにつれ、2人は現代ロサンゼルスの地下に存在する悪魔と天使の世界に入り込む。この世のものとは思えない恐ろしい出来事に次々と遭遇しながら、どうにもならない状況に追い込まれた2人は、決死の覚悟で闘いに挑む。

解説: 『コンスタンティン』で天国と地獄のエージェントを演じるキアヌは、役づくりのためより一層スリムにシェイプアップしており、ハードで『マトリックス』のネオをほうふつさせる凛々しい姿を披露している。
なお、現在公式サイトでは12週間連続のキャンペーンを実施中なので、話題作を先取りしたい人は要チェックだ。(FLiX)


【goo映画ニュース】
キアヌ・リーブス、ハリウッドの「名声の歩道」入り
キアヌ自信!!最新主演映画「コンスタンティン」
キアヌ“悪役”新作のロスプレミア
【FLiXムービーサイト】
キアヌ・リーブス桜咲く春に来日決定!

キアヌ・リーブスはこの作品にかなり自信があるようです。
予告編見てみると確かに面白そうですけど…!
微妙にグロイシーンが…(笑
さすがオカルト、恐るべしです。

期待値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビッグ・フィッシュ



タイトル: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション

製作: リチャード・D.ザナック
監督: ティム・バートン
原作: ダニエル・ウォレス
脚色: ジョン・オーガスト
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー/ビリー・クラダップ/ジェシカ・ラング/ヘレナ・ボナム=カーター/スティーヴ・ブシェミ/ダニー・デヴィート/アリソン・ローマン

死期が迫った父が、改めて息子に語り聞かせる人生の回想。巨人とともに故郷を出て、サーカスで働きながら、あこがれの女性と結ばれる。戦争へ行き、ひとつの町を買い上げる……。何度も聞かされた父の話は、どこまでが本当なのだろうか? 異才ティム・バートン監督が、独自のファンタジック&ブラックなテイストに、テーマとしてはストレートな感動に照準を合わせた快心作。
ベストセラーである原作に登場する奇妙な要素を、この映画版では多少組み替え、よりビジュアル的に楽しめる物語になっている。相手の死の状況を予言する魔女や、2つの上半身が下半身を共用する双生児の姉妹などフリークス的なキャラを登場させつつ、一面の黄スイセンのなかでの愛の告白といったメルヘンチックな場面も織りまぜ、人生の悲喜こもごもを共感たっぷりに描くことに成功。死の間際までうさんくさい老父役のアルバート・フィニーとは対照的に、若き日の父を演じるユアン・マクレガーは、前向きな主人公像を、まっすぐな瞳で好演する。監督の意識の表れであろうか、結末の感動は原作をはるかに上回る。(Amazon:斉藤博昭氏)


父の人生そのものを語り、現実と回想を織り交ぜながらのストーリー展開。
息子と同じように全部を作り話として見ていると、痛い目に合います(笑
やはりたくさん水仙のシーンが印象的でしたね。
ラストのシーンでは、涙が…(またかい)
わからない部分も最後には一つに繋がりますし。
単なるファンタジーのような話ではなく、心温まる美しい映画だと思います。
終りの落ちも私好みで、見終わった後も暫く余韻が残りました(笑

評価値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロード・オブ・ザ・リング情報

load_index.jpg

DVD「ロード・オブ・ザ・リング」のスペシャル・エクステンデッド・エディションには、隠しオマケがあるらしいですよ!
前から知ってたよ〜って方いるんでしょうか?

TBして頂いた「It's Wonderful Life」様に情報が載ってます!

早速、見て確かめてみました。
第1部、2部のDISK1にはありました!
王の帰還は残念ながら新作だったのですでに返却済みで確認できません。
DVD持ってる方で、確認できた方は是非とも教えて頂きたいです(x_x;)
恐らくあるでしょうが(笑
面白かったですよ(笑

また、東劇で「ロード・オブ・ザ・リング」スペシャル・エクステンデッド・エディション3部作一挙上映があるみたいです!

詳しくは「こちら」に載っております。
1日に3部作全部ではないので安心ですね(笑

私はもう1日に全部見ようとは思いませんけど(笑

load_index.jpg
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

フォーン・ブース



タイトル: フォーン・ブース

製作: デヴィッド・ザッカー/ギル・ネッター
監督: ジョエル・シューマカー
脚本: ラリー・コーエン
撮影監督: マシュー・リバティーク
美術監督: アンドリュー・ローズ
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演: コリン・ファレル/フォレスト・ウィテカー/ケイティ・ホームズ/ラダ・ミチェル/キーファー・サザーランド

契約を取るためなら嘘もつきまくり、妻がいるのに新進女優パメラを狙うパブリシストのスチュ。そんな彼が公衆電話ボックス内で鳴った電話をとったことから謎の男に命を狙われることに。しかも男は電話を切ったらスチュを狙撃するし、自分の存在を誰かに明かしても狙撃するという。はたしてこの男の目的とは? そしてスチュの運命は!?
最初から最後まで一時たりとも目が離せない、実にスリリングなサスペンス。最後の最後までスチュを狙う男の存在が不明なのもおもしろい。だが個人的に一番興味深かったのは、わずかな時間で精神をむき出しにされていくスチュの姿。これだけ追い込まれてようやく本音を吐くスチュの姿に、現代人の持つ心の壁の厚さと人間関係の希薄さを感じてしまったのだ。考えようにとっては謎の男は最高のセラピスト!?(Amazon:横森文氏)


知り合いが面白いと言って見たかった映画で、やっと見ることができました。
映画の2/3以上はフォーン・ブース(公衆電話ボックス)でした。
その中で、犯人とのやりとりはかなり面白かったです。
映画の長さは短かったんですが、コリン・ファレルの追い込まれていく表情はすごいな〜と思った。
さらに、メイキング特典を見てビックリ!この映画、10日間で撮ったのだとか。
また、キーファー・サザーランドが…だったのか!と(笑
しかし、謎な部分も多く見られ、それがわからないまま終わってしまうのは残念でした。
それがこの映画を更にスリリングにしているのかもしれませんが。
見たことがない人は試しに見てみるといいですよ!
でも、好き嫌いが分かれそうな映画かも(笑

評価値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

ボーン・アイデンティティー



タイトル: ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション

ロバート・ラドラムが1980年に発表したベストセラー小説、『暗殺者』を大胆にアレンジして映画化された『ボーン・アイデンティティー』は、最初から最後までスピード感あふれる展開を見せている。複雑に絡み合ったストーリーは、自分の名前、職業、最近の行動に関する記憶さえ失くしたCIA工作員のジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が、チューリッヒで無一文のドイツ人旅行者(『ラン・ローラ・ラン』で主演のフランカ・ポテンテ)を巻き込んで、失われたアイデンティティを探し求めるところから急展開を見せる。CIAの上官(クリス・クーパー)が殺し屋を送り込み、ボーンを抹殺して、失敗に終わったミッションを闇に葬ろうとするが、ボーンは強靭な肉体と訓練で身につけた戦闘術を駆使しながら対抗し、パリを目指す。ダグ・リーマン監督(『Go』)によって原作の複雑なストーリーへ人物描写に対する独特の視点が吹き込まれ、デイモンとポテンテのユーモラスでスリルを求めるという互いに共鳴する部分が、息詰まるアクションシーンの中で調和を見せている。1988年にはTV用映画としてリチャード・チェンバレンが主演したこともある本作品は、新進気鋭の俳優たちによる演技が光り、知性にあふれながら大衆にもアピールする興奮場面が全編にわたって繰り広げられている。(Jeff Shannon, Amazon.com)

やーっと見ました(^^;
冒頭の荒れた海で記憶を失くすも、たまたま見つけられ何とか命を取り留めた。
ってちょっとアリエナイでしょうというような始まり。
自分が誰なのか、名前も職業も経歴も何もかも忘れたところから始まるんですが、
徐々に自分の置かれた立場みたいなのがわかって来るストーリー展開!
謎が明らかになる展開もテンポがよく進んでいくので見ていて飽きませんでした。
アクションシーンも満載で、マット・デイモン強っ!って思いましたね。
いや、強すぎます。しかも強くて優しい殺し屋でした(笑
最後の最後まで目が離せない展開で、ラストも次回作である「ボーン・スプレマシー」に繋がっていく終わり方でしたねぇ。
ボーン・スプレマシーの本編ダイジェスト版を見ていたのですが、すべてがこのアイデンティティーを見終わった時、そうか〜!そうだったのか!と理解することができました。
ただ、これはこれで1作品完結にしても良かったような気がしますけどねぇ。
何と言うかロード・オブ・ザ・リングを連続で見たおかげですごく短く感じたなぁ…(笑

評価値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY[原題]

choko.jpg
タイトル: CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY[原題]

米公開日: 2005/7/15
日公開日: 2005/夏
監督: ティム・バートン
出演: ジョニー・デップ/フレディ・ハイモア/他
公式サイト: http://chocolatefactorymovie.warnerbros.com/[英語]

ストーリー: ウィリー・ワンカは変わり者のチョコレート工場経営者。貧しいチャーリー・ バケット少年は、たった5人しか招待されないという、夢のような工場見学の招待券を手に入れる。(eiga.com)

解説: 名監督ティム・バートンがその想像力に富んだ映像スタイルを投影する本作は、変わり者のチョコレート製造業者ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)と、彼の広大な工場の片隅で暮らす貧しいが心優しき少年チャーリー(フレディー・ハイモア)を描く。自分の家族とは長らく疎遠となっているウォンカは、彼の“お菓子帝国”の後継者を選ぶために世界的なコンテストを開くことにする。チャーリーを含む5人の幸運な子供たちが、ウォンカのチョコ・バーで当たりくじを引き、15年もの間、外部に閉ざされていた伝説的なチョコレート工場の見学を許される。目の前で繰り広げられる光景に目を見張りながら、チャーリーはウォンカの夢のような世界に引き込まれていく。(ワーナー・ブラザーズ)

とにかくジョニー・デップが気になる…。
いや…あのコミカルなキャラが気になります。。゙(ノ><)ノ
映画を盛り上げてる音楽も気になります!
ジョニー・デップは歌も歌ってますし。
話は変わりますけどeiga.comでは「チョコレート工場の秘密」、ワーナー・ブラザーズでは「チャーリーとチョコレート工場」がタイトルなんですが、「チャーリーとチョコレート工場」が正式名みたいです。

期待値:★★★★★

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

チョコ占い

今日はバレンタイン・デーと言うことで、
バレンタインにちなんで、チョコ占いをご紹介(^^

チョコっと占い
コロンタイプでした。

チョコ占い
温冷両用チョコレートドリンクでした。

チョコ占い
ポッキー系でした。

チョコ占い
チョコレートケーキだったのだ。

遊び感覚でやると面白いです♪
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。