2005年02月13日

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還



タイトル: ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 コレクターズ・エディション

シリーズ3部作の完結編は、見どころに次ぐ見どころ。3時間23分という長さは、まったく苦にならず、結末では「旅の仲間」とともに、観客もシリーズとの別れを惜しむことになるだろう。邪悪な指輪を捨てに行くフロドとサムの過酷な旅がついにクライマックスを迎える一方、人間の国ゴンドールの都ミナス・ティリスを陥落させるべく、指輪の創造主、冥王サウロンの強大な軍が攻め込んでくる。
第2部でも話題となったゴラム(本作は彼の過去から始まる!)はもちろん、クリーチャーの動き、20万ものサウロンの軍などCGの迫力と繊細さは前2作以上。本作のすばらしさは、アクションに悲しみと壮絶さがたっぷり込められ、戦争の愚かさを伝えていることだろう。そして一段と磨きがかかった荘厳な映像美。空からとらえたミナス・ティリスの美しさったら!
命がけでフロドを救うサムをはじめ、各キャラのきずなや愛、死と別れのドラマを配分よく散りばめた巧みな構成によって、随所で心が震えるはず。映画が「芸術」であり「娯楽」であるのなら、本作はその両方を完璧に満たしていると思う。(Amazon:斉藤博昭氏)


─関連サイト。
ロード・オブ・ザ・リング公式サイト
ロード・オブ・ザ・リングのすべて
Woody End ファンサイト
LotR Spoiler News 海外からのネタばれ情報等

やっと見終わりました…。
ちょうど12時間ピッタリです。。
感想は…ゴラムが憎い!そして仲間っていいなぁと改めて実感させられました。
サムが…途中から主人公がサムじゃないのかな?と思うほどの存在感。
フロドに疑われた上に「家に戻れ」なんて言われたサムがすごい可哀想でした(;_;)
クライマックスなんて眠気と疲れと食欲で何も出ないはずなのに(?)
感動して自然と涙が出てきたりしました。(涙もろいんです)
久しぶりに心から良いと思える映画でした♪

評価値:★★★★★

では、これにて第1回12時間耐久映画鑑賞はおしまいです。
他にもDVDを借りてきたのですが、明日以降に鑑賞したいと思います。
コメント下さった方々、重ね重ねありがとうございましたm(__)m
明日以降、勝手にブログの紹介をさせて頂きます(^^;
睡眠時間3時間くらいなので、もう寝ます(x_x;)

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔



タイトル: ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディション

すべてのファンタジーの原点と言われる小説『指輪物語』の映画化3部作のパート2。ホビット族のフロドが、世界を支配する力を持つという指輪を葬りに行く旅を軸に、前作のラストで別れ別れになった「旅の仲間」たちの過酷な運命が描かれていく。
フロドとサム、ピピンとメリー、アラゴルンたちという3つのドラマが代わるがわる登場し、緩みのない展開で飽きさせない。前作からさらに進化したCGは、かつての指輪の持ち主ゴラムの表情や動きを生々しく再現。また、後半の「ヘルム峡谷の戦い」では1万もの大軍がCGで映像化されながらも、迫力と様式美にあふれたシーンが完成した。このパート2で、もっとも見せ場をさらうキャラは、フロドの親友で、僕(しもべ)のように彼を助けるサムだろう。クライマックスでのサムの台詞には、勇気ある物語が語り継がれることの大切さが込められ、まるで原作をはじめ、すべての小説に賞賛を送っているかのよう。「勇気と友情」というテーマに、素直に感動できるのだ。(Amazon:斉藤博昭氏)


─関連サイト。
ロード・オブ・ザ・リング公式サイト
ロード・オブ・ザ・リングのすべて
Woody End ファンサイト
LotR Spoiler News 海外からのネタばれ情報等

正直睡眠時間が足りてないのでものすごい長く感じました。
話の展開的には大きな変化はなく、何とかの山へ行く途中のお話だったような。
ガンダルフは…勝手に死んだものと思っていたので拍子抜けでした。
前半はマッタリしていたんですが、後半のヘルム峡谷の戦いが印象的でした。
すごい迫力で面白かったです。
大木が喋りながら動いたり、ゴラムは実はいい奴だと思わされたけど最後に「あれ?」やっぱりそうなの?と思わせられたり。
第3部作は今から見ます。寝ちゃいそう…(^^;

評価値:★★★☆☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間



タイトル: ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション

J.R.R.トールキン原作の『指輪物語』の映画化。冥王サウロンが失ったのは、世界を滅ぼす邪悪な指輪。それを手にしたフロドが、指輪を破壊するために「滅びの亀裂」と呼ばれる火口へと旅立つ冒険物語。
簡単にコントロールできない指輪の偉大な力が全編貫かれ、その魔力に振り回され、魅せられる人間の弱さがこれでもかと描かれる。フロドを追うサウロンの手下の凶暴性も、この冒険をスリリングに魅せ、手に汗握らせること必至だ。
監督は『乙女の祈り』のピーター・ジャクソン監督。主演はフロド役にイライジャ・ウッド、ほかイアン・マッケラン、ケイト・ブランシェット、ヴィゴ・モーテンセンなど、実力派の渋い役者陣が脇をがっちりしめている。本作は壮大なトリロジーの第1部。(Amazon:斎藤 香氏)


─関連サイト。
ロード・オブ・ザ・リング公式サイト
ロード・オブ・ザ・リングのすべて
Woody End ファンサイト
LotR Spoiler News 海外からのネタばれ情報等

今日は12時間耐久映画鑑賞の日で、実は朝の5時から見てました。
最初の数十分は、ちょっと退屈なストーリーだなーなんて思いながら見てまして、フロドが旅に出てからは画面に夢中になっていました(^^;
何ていうか、感想とかか…書けません!
いや、ガンダルフがまさかあんなことになっちゃうなんて思いも寄らなくて涙してしまったり、人間の欲望ってすごいな〜なんて感心したり、スケールがすごく壮大で、CGもすごいなーなんて思ったり、手に汗握るとはこのことか!なんて思ったりしました。
ただ、最後の終わり方には「へっ?」って感じでしたけど(^^;
まぁ、3部完結だから仕方が無いのかな〜なんて思ったりも。。
思わぬところで感動し、ハラハラな展開。見てよかったです(;_;)
なぜ今まで見なかったのか不思議です。
3時間弱が苦にならないくらい見入ってしまいました。
では、今から第2作の二つの塔を鑑賞します(^^)/~~~

評価値:★★★★★

posted by toda at 00:00| Comment(7) | TrackBack(1) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

エターナル・サンシャイン

eternalsunshine.jpg
タイトル: エターナル・サンシャイン

公開日: 2005/3/19(土)
監督: ミシェル・ゴンドリー
出演: ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/イライジャ・ウッド/キルスティン・ダンスト/マーク・ラファロ
公式サイト: http://www.eternalsunshine.jp/

ストーリー: ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すが……。

解説: 『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』の脚本家、チャーリー・カウフマンの最新作。監督は『ヒューマンネイチュア』のミシェル・ゴンドリー。お互いを忘れるために記憶除去手術を受けるカップルに、『マスク』のジム・キャリーと『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。交錯する時間軸のヒントとなるケイト演じるクレメンタインの髪の色は要チェック。(FLiX)

失恋の記憶を消したいと思ったことはありませんか?

恋が終った後の、あの痛み。
悲しみと孤独に耐えながら、傷が癒えるのをじっと待つよりも、いっそのこと相手と過ごした記憶を全部消してしまえたら・・・。
でも、それは同時に楽しかった二人の思い出まで捨ててしまうこと。
それでも、あなたなら本当に記憶を消すことを選びますか?
終った恋の思い出を捨てた彼女と、捨て切れなかった彼が繰り広げる切ないラブストーリー。(コロナワールド)


脚本がものすごい魅力的!
ケイト・ウィンスレットも魅力的!
失恋した記憶は消したくないです。
女性は失恋を忘れるために新しい恋を探すって本当なんですかねぇ。

期待値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

セルラー

cell.jpg
タイトル: セルラー

公開日: 2005/2/26(土)
監督: デヴィッド・R・エリス
出演: キム・ベイシンガー/クリス・エバンス/ジェイソン・ステイサム/ウィリアム・H・メイシー/ノア・エメリッヒ
公式サイト: http://www.herald.co.jp/official/cellular/

ストーリー: 高校の科学教師ジェシカ(キム・ベイシンガー)は、愛する夫と11歳の息子リッキー(アダム・テイラー・ゴードン)とともに幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然、ジェシカは見知らぬ男たちによって監禁されてしまう。

解説: アカデミー女優、キム・ベイシンガー主演のノンストップ・サスペンス・スリラー。監督は『デッドコースター』でスピード感あふれる映像を見せたデヴィッド・R・エリス。壊れた電話を修理し、SOSの電話を発した主人公の運命を手に汗握りながら最後まで楽しめる。(FLiX)

主演がL.Aコンフィデンシャルでアカデミー賞に輝いたキム・ベイシンガーと言うことと、フォーン・ブース第2作のような感じの内容ということで気になりました。
「ドラマティックな緊迫感が限界まで高まっていく傑作」(CNN)、「今年最高のスリラー」(シカゴ・サン=タイムズ紙)と批評家も絶賛の嵐!!
との評価だそうなので、期待できるのかな?
まぁ個人個人感じ方は違うと思いますけど…。
ドキドキ、ハラハラな展開は好きなので、そういった意味では期待してます。

期待値:★★★☆☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

映画占い

あなたのキャラクターは
「ギルバート・グレイプ」
ジョニー・デップが演じた、
ギルバートです。

特徴: 少年の心/頼まれ事を断れない/面倒見がいい/信頼されている
                
適職: 美容師/フラワーアーティスト/薬剤師

参照: 映画占い

ギルバートみたいです。
この映画見てないからわからない…(^^;
でもジョニー・デップだから満足です(笑

posted by toda at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーン・スプレマシー

born.jpg
タイトル: ボーン・スプレマシー

公開日: 2005/2/11(金・祝)
監督: ポール・グリーングラス
出演: マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ジョーン・アレン/ジュリア・スタイルズ
公式サイト: http://www.bourne-s.jp/

ストーリー: ジェイソン(マット・デイモン)とマリー(フランカ・ポテンテ)は人目を避け、インドのゴアで暮らしていた。相変わらずジェイソンの記憶は戻っていなかったが、町で見かけた男(カール・アーバン)が暗殺者と気づき……。

解説: 前作『ボーン・アイデンティティー』から2年、あのジェイソン・ボーンのその後を描くシリーズ第2弾。元CIAのトップ・エージェントのジェイソンとその恋人役はマット・デイモンとフランカ・ポテンテが続投。そしてジェイソンの新たな敵となるキリル役に『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのカール・アーバンが扮している。トンネルで繰り広げられるジェイソンとキリルの手に汗握るカーチェイスは迫力満点。(FLiX)

Yahoo!BB会員なので、本編ダイジェスト20分くらい見たんですけど、
中途半端に見せられて気になってしまいました。
なんだか焦らされた感じでムズムズします。
カーチェイスやアクションも満載みたいですねぇ。
インドでのカーチェイスではハラハラして、トンネルでのカーチェイスではドキドキしました。
愛するものを失ったとありますが、諦めたあなたが悪いでしょ!と言いたいです(^^;
ボーン・アイデンティティーを見てない私には酷ってもんです。
やっぱり本編ダイジェスト見なければ良かったかな…。

期待値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

「電車男」映画版は東宝が!今年の6月に公開予定



著者: 中野 独人
タイトル: 電車男

東宝作品ラインナップ

昨年、日本最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」で話題沸騰となったアキバ系青年の純愛物語「電車男」の映画化が決定した。邦画最大手の東宝が製作と配給を担当する。4月にクランクイン、6月に公開予定である。

昨年10月に新潮社より発売された書籍は、現在までに52万5000部を販売、コミック化も実現し、後は映画化を待つばかりとなっていた。映画化にあたっては、TVドラマ「ラストクリスマス」「東京湾景」などを演出した村上正典が初メガホンをとることが決定している。主役の電車男と、彼が思いを寄せるエルメス役のキャスティングは現在調整中とのこと。

東宝宣伝部では、“「電車男」と「エルメス」の恋愛模様を軸に、「名無しさん」の横顔を実在登場させて、臨場感を演出する”としているが、果たしてどんな演出が施されるのか、興味津々だ。(eiga.com)


2ちゃんねるから生まれた電車男ですが、映画化…はどうなんでしょうねぇ。。
4月にクランクインで6月公開予定って…
話題性は大きいと思うけど、演出とかどうなるんでしょうかね。
キャスティングもどうなんでしょうか。
うーん。
2ちゃんねるの言葉とか使うんですかね〜?普通の人はわからなくて理解に苦しみそうですけど。

電車男自体をご存じない方へ
男達が後ろから撃たれるスレ(電車男)
↑に保管されているので時間があれば読んでみるといいかもです。
ちなみに名前の部分が青いのが電車男さんの投稿です。
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローレス



タイトル: フローレス

監督: ジョエル・シューマカー
出演: ロバート・デ・ニーロ/フィリップ・シーモア・ホフマン/バリー・ミラー

ある日突然脳卒中に陥り、半身麻痺になってしまった元警官のウォルト(ロバート・デ・ニーロ)。保守的な性格も災いし、惨めな姿を人目にさらしたくないと意固地になる彼だったが、リハビリのためにやむなく歌のレッスンを受ける羽目になる。しかし、そのコーチは彼とは犬猿の仲でもある隣人のドラッグ・クィーン、ラスティであった…。
ニューヨークの下町に生きる人々の心の触れ合いを、情感豊かに描いたヒューマン・ドラマ。これまで『バットマン フォーエヴァー』などハリウッド・メジャー大作を職人的手腕で担当することが多かったジョエル・シューマカー監督が、一転してインディペンデント的な演出を施し、小品ならではの味わいを醸し出しているのも特徴。製作・脚本も彼自身によるものである。(Amazon:的田也寸志氏)


FLAWLESS=完璧な女装。
3Fには元警官。4Fにはオカマ。5Fには─、殺人事件。
なんだろう、殺人事件のイメージしかなく、てっきりサスペンス映画と解釈してしまったのですが、ホテル内でのヒューマンチックな内容でした。
ちょっと拍子抜けですが、ファックファック言いまくりで笑っちゃいました。
ロバート・デ・ニーロが演じる脳卒中の後遺症に苦む警官とフィリップ・シーモア・ホフマンが演じる変態オカマとの徐々に心を開いていくストーリーはなかなか良かったです。
それにしてもフィリップ・シーモア・ホフマンの存在感が光った作品。
じわじわ面白くなっていくところが飽きずに見れた要因だったのかなと思います。
ラスティも、ウォルトに女と認められハッピーエンドで良かった。

評価値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

Cinderella Man[原題]

cinderellaman.jpg

タイトル:Cinderella Man[原題]

米公開日: 2005/06/03予定
日公開日: 未定
監督: ロン・ハワード
出演: ラッセル・クロウ/レニー・ゼルウィガー
公式サイト:http://www.cinderellamanmovie.com/[英語]

ストーリー: 30年代に活躍したヘビー級チャンピオン、ジム・ブラドックの生涯を描いた作品。レニー・ゼルウィガーが妻を演じる。

解説: 監督ロン・ハワード、主演ラッセル・クロウの「ビューティフル・マインド」のコンビで、再び実在の人物の半生を映画化。ライトヘビー級のボクサーだったジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は挫折し、一度はボクサーをやめるが、時は大恐慌時代で職もなく家族を養うのも大変だった。妻(レニー・ゼルウィガー)の励ましで、1階級上げて再チャレンジすると順調に勝ち続け、いつしか「シンデレラマン」と呼ばれるようになった。しかし、ヘビー級王座にはリング上で2人も殺しているマックス・ベアという強敵が君臨していた。

1児の父親になったラッセル・クロウ主演の久しぶりの作品です。
公式サイトで予告編も見れるのでチェックしてみて下さいね♪
詳しいことはまだ分からないので、分かり次第投稿していこうと思います(^^
ビューディフル・マインドでコンビを組んだ、監督ロン・ハワードとの組み合わせにも注目したいところです。
それにしても実在の人物の半生を描いた映画が最近多いのは気のせいでしょうか(^^;

期待値:★★★☆☆


Cinderella Man関連記事
ラッセル・クロウが負傷。新作に影響が
ラッセル・クロウの「シンデレラマン」が公開延期に
ラッセル・クロウ、ボディガードに噛み付く
ラッセル・クロウ、次はボクサーに?
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。