2005年01月09日

耳に残るは君の歌声



タイトル: 耳に残るは君の歌声 特別版

時は20世紀前半、ロシアに生まれたユダヤ人少女フィゲレは幼いころに父と生き別れ、ユダヤ人迫害を逃れてイギリスに移住し、スージーという英国風の名前に変えられ、母国語を使うことも禁止される。やがて成長したスージー(クリスティーナ・リッチ)は、パリで歌手として生計を立て始めるが…。
『オルランド』『タンゴ・レッスン』のサリー・ポッター監督が、20世紀激動のヨーロッパ史を健気に生きた女性の薄幸の半生を、情に溺れず突き放しもせず、97分という短い時間の中で駆け抜けさせ、結果として感動の叙事詩として祝福する。ヒロインと周囲との交流が、オペラやロマの音楽によって紡がれていく秀逸な構成。恋人役のロマ青年をジョニー・デップが好演している。(Amazon:的田也寸志氏)


ユダヤ人ということから、小さい頃から疎外感を感じていた少女フィゲレ。
スージーという名前に変えられるが、物語が進むにつれて、友人からも、冷たい目で見られるようになる。
演出、映像、音楽とも、当時の背景が良く出来ていると思う。
ロマの青年であるジョニー・デップとの淡く切ない恋物語も、妙にさっぱりしていて、気持ちがいいものになっている。
幼少時代に生き別れた父親に会いに旅に出る、切なくも気持ちのいい内容です。
個人的には、クライマックスがあっさりしすぎていて、もうちょっと焦らして欲しかった感じもします。

評価値:★★★☆☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少林サッカー



タイトル: 少林サッカー デラックス版

かつて八百長試合に手を出したことから選手生命を断たれた中年男ファンは、少林寺拳法を世に広めたいと願う若者シン(チャウ・シンチー)と出会い、彼ら少林寺拳法の達人を集めてサッカー・チームを結成し、全国大会を勝ち進んでいくが…。
香港映画界の快(怪?)男児チャウ・シンチー監督・主演による奇想天外極まるスポーツ・アクション大作。チーム結成まではややもたつくが、サッカー試合が始まってからのCGと拳法を巧みに組み合わせたキテレツなアクション・シーンの数々には抱腹絶倒しつつも,いつしかそのダイナミズムゆえに熱血&興奮&感動してしまう。
大陸のアイドル、ヴィッキー・チャオをブス・メイクのヒロインに仕立ててしまうあたりもシンチー映画らしい(!?)が、その彼女が太極拳の達人で少林寺の危機を救うというしなやかさも理にかなっている。ブルース・リーへのオマージュの数々も、ファンにはたまらないものがあった。(Amazon:的田也寸志氏)


現実世界ではありえない世界。その世界を作り上げることができるのが映画である。
この映画には、そんな少年時代みた漫画やアニメのような世界が繰り広げられている。
前半見ているのが退屈でした。全国大会に参加するところから、この世界が存分に現れることでしょう。
決勝戦…
まさにありえないサッカーが始まるのですが、何故か画面に釘付けになってしまった。
中途半端なバカバカしさではなく、最後までそれを貫くシャウ・シンチーには、すごいというか感服することでしょう。

評価値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

ネバーランド


タイトル: ネバーランド

公開日: 2005/01/15(Sat)
監督: マーク・フォースター
出演: ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/ダスティン・ホフマン/ジュリー・クリスティ/フレディ・ハイモア
公式サイト: http://www.neverland-movie.jp/

ストーリー: ロンドンの劇場で劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は新作の『リトル・メアリー』の初日を迎えていた。しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも、酷評されてしまう。失意の中で日課の散歩に出かけるジェームズ・バリはそこで無邪気に遊んでいる子供を目にする。

解説: ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。主演のジェームズ・バリにふんしたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でアカデミー賞にもノミネートされたジョニー・デップ。脇を固めるのは、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンと演技派の1流スター。監督はハル・ベリーをオスカー女優にした『チョコレイート』の監督、マーク・フォスターが務める。誰もが知っている「ピーター・パン」のメイキングとして観ても興味深い。(FLiX)

100年目につくられた、美しい宝石のような感動作。
1903年のロンドン。劇作家のジェームズ・バリは、ある日若く美しい未亡人シルヴィアとその4人の幼い息子たちに緑のまぶしいケンジントン公園で出会う。少年の心を持ったバリはすぐに子供たちと仲良くなるが、4人の中で一番繊細なピーターだけは、父の死によって心を閉ざしていた。夢を信じる心を失いかけていたピーターは、イマジネーションの翼を広げることをバリに教えられ、次第に心を開いて行く。同時にバリも創作への情熱を呼び覚まされ、“ネバーランド”に住む大人にならない少年“ピーター・パン”の物語を生み出す。だが、そんな彼らに、悲しい出来事が待ち受けていた・・・。(コロナワールド)


「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」で大出世したジョニー・デップ主演の最新作感動物語。
何だか、久々に大ヒットしそうな予感がする作品。早くもアカデミー最有力候補か?
「ピーター・パン」という作品が、どのようにしてできたのか。
そこには、美しい愛と感動の物語が待っているに違いない。
ジョニー・デップ扮するジェームズの役回りも注目だが、子役ピーターを演じるフレディ・ハイモアの存在も、この映画の重要な鍵を握っていることから、注目せざる得ないところ。
と、日本公開前から期待大です。
久しぶりに映画館で見たくなるような映画になりそうで怖い。

期待値:★★★★★
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAXI NY


タイトル: TAXI NY

公開日: 2005/01/08(Sat)
監督: ティム・ストーリー
出演: クイーン・ラティファ/ジミー・ファロン/ジゼル・ブンチェン
公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/taxi-ny/

ストーリー: タクシー運転手のベル(クイーン・ラティファ)が、自慢の改造車でマンハッタンを流していると、NY市警のウォッシュバーン(ジミー・ファロン)を乗り込んできて、街で頻発する銀行強盗団の追跡に巻き込まれてしまう。

解説: リュック・ベッソンの大ヒット作『タクシー』の舞台をニューヨークに移し、ハリウッド版として完全リメイク。主演は『シカゴ』のクイーン・ラティファ。強盗団のリーダーには、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが扮し、本格的映画デビューを果している。疾走するクラウン・ビクトリアはオリジナル版同様、迫力満点。(FLiX)

美しき女たちの危険なスピードバトル!
スーパー・モデルばりの眩し過ぎる美貌、見惚れるばかりのスタイル、極限のゴージャスさを見せつける超セクシー女銀行強盗団がニューヨークに上陸。彼女たちは無敵のBMWを疾走させ、次々と悪事を働き、ニューヨーク市警の調査をせせら笑い、ついに大銀行を襲う計画を実行に移す。ひょんな事から事件に巻き込まれた女タクシードライバーと刑事のコンビが、交通法規を無視した過激な走りで、強盗団とエキサイティングで危険極まりないチェイスを展開する。(コロナワールド)


出演者、撮影舞台はニューヨークと、TAXiシリーズとはまったく違ったTAXI NY。
主演が男性から女性へと変わったものの、へなちょこ刑事は健在。やはり、この設定は変えてはならないのだろう(笑)
セクシーでクールなノンストップカーアクションと題した今回の作品には、自信たっぷりの様子。フランスTAXiシリーズのプレッシャーはかなりのものだと思うが、BMVをぶんぶん乗りこなすアクションにも期待が高まります。
ニューヨークの街をどのように暴れ回り、事件解決をするのか楽しみな作品です。

期待値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAXi 2



タイトル: TAXi 2

スピード狂のタクシー運転手のダニエルと運転が苦手な刑事のふたりが、日本の防衛副長官の誘拐事件を追う。日本のヤクザvsフランスの刑事たちのバトルもユニークでおもしろく「ニンジャー!」と叫ぶと走り出す珍スピードカーも爆笑モノだ。もちろん乗せた人を酔わせるダニエルのドライヴテクもたっぷりと。
マルセイユ〜パリをぶっ飛ばす痛快さ&カーマニア垂涎の車が続々登場するカーチェイスはあいかわらずスピード感あって、爽快な気分にさせてくれる。メインキャストは前作と変わらずサミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタルなど。製作&脚本のリュック・ベッソンの遊び心満載のフレンチアクションコメディだ。(Amazon:斎藤 香氏)


大ヒットコメディーアクションの続編、TAXi2。
最初から最後まで笑わせてくれる作品です。
前作を見てない方にも十分楽しめるでしょう。
運転中のスピード感、300kmオーバーのスリルが味わえる爽快感、車がおもちゃのように潰れていく。
出演者全員の個性が光っていて、より面白みが味わえると思う。
元気が欲しい、私生活がつまらないあなたにもおすすめの一本。
日本人の長官も出てきてより親しみやすくなった感じも受ける。
ただ、最後の終わり方にはちょっと不満なところもある。
最新作のTAXi NYは、舞台をニューヨークに移してのリバイバル版。
こちらも前作を上回る作品となることに期待大である。

評価値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

アレキサンダー


タイトル: アレキサンダー

公開日: 2005/02/05(Sat)
監督: オリバー・ストーン
出演: コリン・ファレル/アンジェリーナ・ジョリー/ヴァル・キルマー/ジャレッド・レト/ロザリオ・ドーソン
公式サイト: http://www.alexander-movie.jp/

ストーリー: 紀元前356年、国王フィリッポス(ヴァル・キルマー)とその妃オリンピアス(アンジェリーナ・ジョリー)の間に誕生したアレキサンダー(コリン・ファレル)。その20年後、たくましく成長した彼は、強大なペルシア帝国を打ち破リ、アジア侵攻を開始するが……。

解説: アレキサンダー大王の壮絶な一生を巨匠オリバー・ストーン監督が描く歴史超大作。アレキサンダーを『S.W.A.T』のコリン・ファレルが熱演。アレキサンダーの母・オリンピアスにアンジェリーナ・ジョリー、プトレマイオスにアンソニー・ホプキンスと共演も豪華な顔ぶれ。日本映画の『南極物語』も手がけているヴァンゲリスの壮大な音楽は要チェック。(FLiX)

なぜ、20歳で王になり、たった10年で世界を征服できたのか?
世界をその手に握るために、20歳の王は何をしたのか?
アレキサンダー大王。誰もがその名を知ってはいるが、32年の生涯に数々の謎があることは、ほとんど知られていない。史上初めて世界を統一したマケドニアの王。
そんな世界史の教科書の、わずか2,3行の説明では到底語れない、栄光と孤独、波乱に満ちたドラマが今、明かされる!
紀元前356年、アレキサンダーはマケドニア王フィリップとその妻オリンピアスとの間に生まれる。息子を王にすることだけに情熱を燃やす母、オリンピアス。我が子にすら権力を奪われることを恐れ、彼を突き放す父、フィリップ。両親の愛に飢えたアレキサンダーは、同年代の友人たちとの友情に心の平安を見出して行く。やがて彼は格闘の技に秀で、学問でも家庭教師のアリストテレスも一目置く突出した才能を示し始める。
ある日突然、父フィリップが何者かに暗殺される。悲しみの中、20歳という若さで王となったアレキサンダーは世界征服へ旅立つ。
トルコ、エジプト、イラク、バビロン、ペルシャ、カスピ海、アフガニスタン、インド・・・・。
しかし、アレキサンダーの圧倒的な勝利の影には、愛と憎しみ、陰謀と涙が渦巻いていた。
父の死の真相、母のたくらみ、異国の妻の野望、友の裏切り、禁断の愛、非常な復讐、過酷な道のり・・・・。
一体、世界の果てでアレキサンダーが手に入れたかったのは、何だったのか?(コロナワールド)


主人公であるアレキサンダーがゲイという何とも話題性の強い作品ですが、そのゲイという設定でマケドニアの人々が怒り狂っているという噂。
トロイ同様、期待すると裏切られそうな予感がする作品なので、ストーリーや映画の出来云々よりも、このゲイ王がどんなことを仕出かしてくれるのかに期待が高まっています。
また、知り合いが絶賛していたフォーン・ブースの主役である、コリン・ファレルにも注目したいところ。
数々の不評な評価を受けている作品なだけに、「怖いもの見たさ」程度の感覚で見てみると、良いかもしれないですね。
日本での公開もある意味楽しみな映画です。
と、言うわけで歴史モノ好きな私ですが、様々な視点から見た時の期待が大きい作品なので、期待値は通常よりも高めにさせて頂いております。

期待値:★★★★☆

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

ラスト・ソング



タイトル: ラスト・ソング

内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
『北の国から』の杉田成道監督が、ロックに生きる若者たちの傷つきやすい友情と愛を描いた青春物語。

この映画はオススメです。
ぶっちゃけ泣きました(笑)
吉岡秀隆がかなりいい演技してます。
主役の本木雅弘の存在よりも存在感があるのは、微妙なところですが…。
バンドとして東京で成功する夢を目指し、友情、苦悩、青春を描いた音楽映画となってます。
バンドをやったことがない人でも、違和感なく見られると思います。
きっと、心に残る作品になることでしょう。
ちなみに、DVDは出ていません。1994年製作でビデオのみとなっています。

評価値:★★★★★

posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザード



タイトル: バイオハザード

時は21世紀初頭、地下深くの秘密研究所で開発中のウィルスが漏洩し、メインコンピュータは地上への感染を防ぐべく研究所を遮断。やがて特殊部隊が内部に侵入するが、そこで彼らはアンデッド化した死体やコンピュータが繰り出す殺人兵器などとの壮絶な死闘を繰り広げることになる。
大人気のゲームを映画化したヴァイオレンス・アクション。研究所内部の設定や、ラストがゲームのパート1の冒頭につながるなど、原作ゲームが上手くそしゃくされており、おそらくこれまでのゲームの映画化作品としてはベストの出来だろう。スプラッタ・シーンをあからさまに描いてないのも好感が持てる。主演ミラ・ジョヴォヴィッチは銃を撃つとき目を閉じるのが難点だが、それ以外はアクティヴなヒロインを楽しそうに演じている。監督はやはりゲームの映画化『モータル・コンバット』で知られるポール・アンダーソン。(Amazon:的田也寸志氏)


ゲーム版をやったことがある私としては、とても楽しめた作品。
ミラ・ジョヴォビッチのアクションもさることながら、完成度の高い映画になってると思います。
ゲームとは別物。と考えて見たほうが良いのかな?とも思いますね。
内容も、ドキドキハラハラさせられ、大画面で見ると、もっと楽しめるのではないでしょうか。
ラストも、続きがあるような終り方で、まさに続編がでたわけですが(笑)
2を見ようと思ってる人で、1を見てない人は、見ておいたほうが良さそうですよ。

評価値:★★★★☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

グラディエーター



タイトル: グラディエーター

グラディエーターとは、古代ローマ帝国時代の大衆への見世物として、巨大コロシアムで人間同士又は猛獣を相手に死ぬまで戦いを強いられた剣闘士のこと。
時は西暦180年。巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、自らの野望しかない皇帝によって愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身におとしいれられたマキシマス将軍がいた。彼は妻子の復讐のために真のグラディエーターとなるべく戦い続けるのであった。真のグラディエターとはいったい…?
欲望、嫉妬と邪悪な空気が渦巻く中、妻子への愛の信念を貫くマキシマスにラッセル・クロウが扮している。強さの中に憂いを含む見事な彼の演技によって、戦闘シーンが苦手な女性にもおすすめできる。彼は本作でアカデミー主演男優賞を獲得した。また、リドリー・スコット監督を虜にしたという古代ローマの再現は圧巻。第73回アカデミー賞で5部門受賞。(Amazon:斉藤洋美氏)


元将軍が奴隷になり、グラディエーター(闘剣士)へ。
コロシアムで殺害を支持したコモドゥス新皇帝への復讐に燃える一人の男の話です。
前半はストーリーも良く、飽きさせない展開ですが、後半になるにつれ徐々にだらけてしまっているのは残念。
ラッセル・クロウの演技もさることながら、脇役の存在感も十分。
巨大コロシアムでの戦闘シーンも興奮すること間違いなし!
最後の最後にローマを救い、家族が待つ故郷へ帰っていくのですが、皇帝じきじきに戦いを挑むのは、仕方がない展開なのかもしれない。
と、微妙にネタばれしてますが、とにかく見なさい!と、人に薦めたくなる映画です♪

評価値:★★★★★
posted by toda at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解夏



タイトル: 解夏

東京で小学校の教師をしていた隆之(大沢たかお)は次第に視力を失うベーチェット病に冒されていることを知り、職を辞して故郷の長崎に帰ってきた。やがて恋人の陽子(石田ゆり子)が後を追って長崎に現れ、隆之の家に留まることに。病状が徐々に悪くなっていく中、彼は聖福寺で出会った林老人(松村達雄)から仏教の“解夏”の話を聞かされる……。
さだまさしが記した同名小説を原作に、『がんばっていきまっしょい』などの俊英・磯村一路監督が手がけた透明感あふれるラブ・ストーリーの秀作。いわゆる難病ものにありがちなドラマティックな描写を避け、淡々とした日常の中から、やがて視界を失う運命にある男と、それを見守る女の、焦燥と無常観の果てに導き出される慈愛を描出していくあたりが秀逸。キリスト教的風土と仏教の教えも違和感なく同居し、またそこに説教臭さは微塵もなく、ごく自然に心に染み入る構成になっているのもすがすがしい。(Amazon:的田也寸志氏)


話題作で、ドラマ化にもなったさだまさし原作の映画。
正直、感動も涙も出なかったです。
なんで、あんなに話題になったのかがわからない…。
やはり、自分の目で見るまでは、変に期待を膨らませては駄目ですね。
何が自分としては駄目だったのだろう…。
話のテンポの悪さ?ワンシーンワンシーンが単調で話がイキナリ飛んでよくわからなかったとか?
なんでしょう、ベーチェット病で、失明するだけの映画にしか思えなかったです。
展開がチャッチャと進んでしまって着いていけない作品でしたorz

評価値:★★☆☆☆
posted by toda at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。